日本初!世界初!を創り出せ!誰もやらないことをリロがやる!

迷いを乗り越えた1年目
多くの人に支えられ
成長を実感

2014年入社 
健康福祉学部 社会福祉学科卒
株式会社リロケーション・ジャパン
法人営業

※所属とインタビュー内容は
取材当時のものです

私を成長させてくれたあの経験!

お客様と真摯に向き合えば
必ず結果に結びつく

法人のお客様に対して、社宅管理サービスの新規顧客開拓を担当しています。お客様は人事・総務のご担当者様です。仕事では不動産の知識が必要となるため、なかなか結果に結びつかず不安になったこともありました。「今のやり方を貫けば大丈夫」という上司の言葉に励まされ、些細なことでも真剣に対応するよう心がけました。そんな中で、初めてリロと他複数社がサービスの提案を行い競うコンペを経験し、「その企業にとっての最善は何なのか?」を考え抜き、提案を行った結果、私の提案を採用してもらえた時は、本当に嬉しかったです。
2年目になると、1年目に培った人間関係が結果に結びつくようになり、「やってきたことは間違っていなかった」と安心するとともに、多くの人に支えられていることを実感しています。

これが入社の決め手!

先輩たちの活き活きとした姿が
入社の決め手

社会の動きを肌で感じることのできる仕事がしたいと考え、B to Bの仕事を中心に就職活動を開始。そんな中、合同企業説明会で出会ったのがリログループでした。
当初は、何か凄そうな会社だなぁ、と思い選考に進みました。リログループを調べていくと、企業のニーズ(困りごと)から新しいサービスをいくつも生み出し、事業の幅をどんどん広げている勢いのある会社であることが分かりました。また選考が進む中で、入社2~3年目の先輩社員の話を聞く機会があり、誇りを持ってバリバリ仕事をしている様子や、今後のリログループについて楽しそうに語る様子に、「自分もここでやってみたい」と思ったことが決め手になりました。

将来こんなことをやってみたい!

お客様のニーズ(困りごと)にマッチした新サービスを立ち上げたい

電話やメールも重要な連絡方法ですが、私はやはりお客様のところにうかがい、対面して話をすることが大切だと思っています。毎日人事・総務のご担当者様と会う中で、「ニーズ(困りごと)」を直接うかがうこともたくさんあり、「どうしたら解決できるか」「どんなサービスができるのか」をよく考えます。いつかは、お客様の「ニーズ(困りごと)」にマッチした新サービスを自ら作り上げ、営業したいですね。リロには社員の提案から生まれたサービスもたくさんあるので、私にもチャンスはあると思っています。

リロってこんな会社!

一致団結して
同じ目標に挑む集団

入社当初、業務上あまり関係のない他部署の方からもよく話しかけていただいたことが印象的でした。そのおかげもあり、いざ仕事で連携を図る時には気軽に相談でき、真剣に対応してくださるので心強く感じています。
実際に働いてみて、会社が掲げる大きな目標に対し、社員全員が同じ方向を見て進んでいる会社だと感じています。自分にできることを見出し貢献できた時はとても嬉しいですし、周りに必要とされた時はできる限りのことはしたいと思う。そんな一体感がありますね。あとは「自分はこうしたい!」と手を挙げれば仕事を任せてもらえること。責任も大きいですが、やりがいを持って楽しく仕事に取り組めています。

1日のスケジュール

  • 8:45朝礼
  • 9:00外出
  • 9:451件目の商談
  • 11:45ランチ
  • 13:002件目商談
  • 15:003件目 御挨拶
  • 17:00電話対応
  • 17:30報告ミーティング
  • 18:30提案資料作成
  • 20:30退社

OFFの過ごし方

アウトドアで体を動かし
リフレッシュ

高校でサッカー部、大学ではフットサルサークルに入っており、基本的にアウトドア派。今でも、週末は外で体を動かしていることが多いですね。高校や大学の友人たちと、夏はキャンプやBBQ、冬はスノーボード、暇ができたらフットサル、と楽しんでいます。会社の同期・同僚とも仲が良く、予定を立てて一緒に出かけたりしています。