日本初!世界初!を創り出せ!誰もやらないことをリロがやる!

企業を元気にする仕事は
やりがいも十分
女性営業の
ロールモデルを目指す

2006年入社 
文学部 社会福祉学科卒
株式会社リロクラブ
法人営業

※所属とインタビュー内容は
取材当時のものです

私を成長させてくれたあの経験!

「やっと一人前になれた」と
実感できた大型受注

福利厚生倶楽部の新規開拓営業を担当していますが、それ以外にもストレスチェックや育児支援や研修など、多岐に渡る商材を扱っています。国の法律・時勢なども踏まえてお客様に紹介し、ニーズに合う提案をするためにも日々アンテナを張り巡らせています。

その中でも、入社3年目の大型案件の受注は心に残っています。飛び込み営業からはじめ、いくつかの実績はあげていたものの小さな受注ばかり。毎日のようにお客様と意見のキャッチボールをし、1年かけて成約した時、「やっと一人前になれた」と感じました。
また、数年かけて提案を進めていた企業のご担当者様が退職された後いただいたお手紙は、私の宝物です。成約には至りませんでしたが、社会人の大先輩とも言える方から多くのことを学ばせていただきました。こうした人との出会いも、営業という仕事の魅力です。

これが入社の決め手!

会長の熱いメッセージに惹かれ
入社を決意

大学で福祉を専攻、地域や個別の福祉について学んでいくうちに、より人に近いサポートがしたいと考えるようになりました。リログループは、福利厚生を通して企業の社員サポートができる珍しい会社という印象。企業を元気にし、そこで働く人々を幸せにするという会社の理念に共感し、説明会や選考に臨みました。
特に佐々田会長のお話は、他のどの会社より強い熱意を感じましたし、選考が進むにつれお会いする先輩方が皆、明朗かつ実直に業務に携わっていらっしゃる姿に心を動かされ、入社を決めました。

将来こんなことをやってみたい

子を持つ母ならではの視点から新サービスを提案したい

入社6年目でグループマネージャーに昇格。その後、産休・育休を経て会社に復帰しました。自分の中で「退職する」という選択肢はなく、産休・育休中に会社が用意してくれたe-ラーニングなど職場復帰のサポートも利用したので、あまり違和感はなく復帰できました。
現在は残業ができないため、限られた時間の中で効率化を常に考えています。特に後輩育成と自身の営業成績を上げることに注力していますが、子供の話でお客様との会話がはずむこともありますし、子を持つ母親だからこそ気づけるニーズ(困りごと)もあるのではと考えています。近い将来、新サービスの創出もしていきたいですね。また仕事と家庭を両立し、後輩の女性社員のロールモデルになれればと思っています。

リロってこんな会社!

結束の強さと熱意で
目標達成を目指す

社員の結束の強さと熱意はどこにも負けません。仕事は忙しいですが、社員は皆優しく、どんな部署の人とでもコミュニケーションが取りやすい。困っていることやわからないことがあると気軽に相談に乗ってくれ、すぐに対応してくれるので、いつも感謝しています。特に今は育児のため時短勤務をしているので、周りのサポートに助けられています。優先順位を考え前倒しで仕事をするよう心がけていますが、急なトラブルがおきても支えてくれる仲間の存在は、本当に心強いです。

1日のスケジュール

  • 9:00出社メール返信や資料作成など
  • 11:001社目商談
  • 13:002社目面談
  • 14:303社目面談
  • 16:00翌日の準備社内でメール返信や電話営業
  • 17:00退社(時短勤務)

OFFの過ごし方

子供と一緒に笑い
ストレス発散

OFFは完全に子供中心の生活。朝早く起きて自分の時間を持つようにしていますが、それ以外は友人と遊んだり、遠出をしたり、近くの公園で遊んだりと、育児と家事で時間が足りません。「今やれることを、やれるようにやる」と割り切るようにし、ストレスをためないよう、毎日子供と大笑いする習慣をつけています。